伝統のなかに、新しいものを創造しつづける舞踊家クリエーター
体力・思考・精神を整える睡眠術とは何か。

人生の3分の1は睡眠時間といわれていますが、現代においては睡眠の質こそが重要であるといわれています。

社会において様々な分野で活躍する人たちにフォーカスをあて、充実したライフスタイルや日々のパフォーマンス向上にどのような工夫をしているのか、私たちが取り入れられるような習慣を紹介していきます。

今回は、日本伝統の日本舞踊と様々なジャンルとの融合を創造し、新しい表現をなされている舞踊家の梅川壱ノ介さんにインタビューをさせていただきました。

公開日:2021/10/01

[梅川 壱ノ介(うめかわ いちのすけ)]
大分県生まれ。新潟大学卒業。
東京バレエ団に入団後、歌舞伎の世界から日本舞踊を専門にした舞踊家へ転身。
日本舞踊の世界に捉われず、古典や現代アートとの融合作品を数多く手掛け、ファッション、テクノロジーやクラシック音楽とのコラボ、また神社仏閣や美術館を舞台とした取り組みなど、新進気鋭の舞踊家である。
舞踊家以外にも、海外文化交流をはじめ、坂東玉三郎先生のトークショーでの司会、映画、モデル、ラジオパーソナリティーなど活動の場を広げている。

常に自分が楽しくて、ポジティブにいれるように生きる

吉塚

梅川さん、本日はよろしお願いします。

梅川さん

梅川 壱ノ介です。
こちらこそ、よろしくお願いします。

吉塚

梅川さんのユニークな経歴を拝見しました。
元々は、東京バレエ団に入られたんですね。どのようにして舞踊家の世界に進まれたのですか?

梅川さん

そうなんですよ。
元々は、学生の頃から踊りやダンスに興味があり、当時はバレエの美しさに魅了されて東京バレエ団に入りました。

それから、日本の伝統芸能に興味を持ち始めて、退団して歌舞伎の道に進むことを決めたんですよ。
その後、3年間国立劇場で研修をみっちり叩き込まれましたんですよ(笑)

梅川さん

立廻り、長唄、三味線、太鼓、茶道など歌舞伎の基礎を学びました。

当時出逢った、人間国宝
坂東玉三郎先生にとても影響を受け、研修を経て、中村獅童
一門に入り、中村獅二郎の芸名で舞台に上がり、6年間の活動の後に、日本舞踊を専門とした舞踊家に転身したんです。

吉塚

歌舞伎俳優から舞踊家に転身されたきっかけは何だったんですか?

梅川さん

やはり、踊りという分野において日本伝統を表現したいという気持ちが芽生え始め、
今変わらなければ、後悔してしまうという気持ちが強かったんですかね(笑)

吉塚

なるほど・・・
梅川さんは自分に素直に生きてますよね(笑)

梅川さん

いえ、どちらかというと
ワガママなのかも知れませんね(笑)

悩みすぎるよりも実行してから考えたいタイプで、自分の人生なので自分で決めた道を進みたいという気持ちが強いんですかね。

常にポジティブに周りの環境が風通り良いように心掛けています。

吉塚

猪突猛進の肉食系ですね(笑)

梅川さん

・・・よくいわれます(笑)

古典的な世界から、どこに向かうのか、
広がりを常に考えつづける

吉塚

舞踊家として活動されていますが、どのようなライフスタイルを過ごされているのでしょうか?

梅川さん

基本的には午前中は舞台や公演などの資料づくりや企画、進捗管理などクリエイティブな時間をつくっています。

だいたい13時~17時にかけては集中して稽古をしています。
その後2時間はトレーニングに時間を費やしますね。隔日でジム、それ以外は家トレして体力づくりをしています。

そして、翌日のto DOをその日のうちに決めています。

吉塚

一日の時間軸のなかで、
クリエイティブな時間が多い事が意外でした。

梅川さん

自分のいる場所は日本舞踊という古典的な世界です。
そこから、どこに向かうのか、広がりを考えないと厳しくなると捉えています。

日本舞踊に対しては、敷居の高いものと思われているので、いろんな人に知ってもらう機会を創造しています。

梅川さん

皆さん、舞踊家と聞くと日本舞踊だけだと思われる方も多いのですが、僕は各ジャンルとの取り組みを積極的に行っています。

例えば、 ファッションやテクノロジー、クラシック音楽、現代アートとの融合を行ったりしています。

様々なジャンルとコラボレーションを実現する為に、日々勉強の毎日です。

梅川さん

学ぶ事に関しては、 時間を惜しみません。 イメージする世界を表現する為にクリエイティブな時間を設けています。

寝る前は、公演の為に本やネットで調べものをしているので、寝るのはいつも深夜1時~3時が多いですね。

また公演前の稽古時間は、多い時で12時間に及ぶこともしばしばあります。

梅川さん

普段は、なるべく6時間程度の睡眠を心掛けてますが、
実際は4~5時間程度の睡眠時間です。

吉塚

なるほど。過酷な日々のようですがお休みは定期的にあるのでしょうか?

梅川さん

一般的な社会人の方は、
週に1日は休日があると思いますが、僕は基本的には休日はないですね。

今は、無我夢中でいろんな事にのめり込んでいる状態です。

睡眠は、心を落ち着かせ芸道に向き合うための大切な準備

吉塚

日々、心身ともに酷使している状態のようですが、
挑戦をし続ける梅川さんですが、生活習慣で気にしている事はありますか?

梅川さん

仕事柄、体調管理には人一倍気にしてます。

体あっての仕事ですので、
食事・睡眠・運動はしっかり管理しています。

梅川さん

食事に関しては、昼に炭水化物や玄米をとって、夜はサラダやオーガニックの食品を食べています。
朝は基本的にとらないのですが、1食目はプロテインだけです。

運動に関しては、先程も話しましたが基本毎日時間をしっかり設けています。

梅川さん

私自身、体力面もそうですが精神面において心掛けている事があります。

常に 「心を落ち着かせ、 芸道に向き合うこと」を生きるうえでのモットーとしています。

梅川さん

人と逢った時も焦らなくてすむように、日々の流れのなかで常に心を落ち着かせられるように準備しています。

心を落ち着かせるために、スケジュールのなかにも余白はつくっています。

梅川さん

これは師匠である、
坂東玉三郎先生のお姿から学んだ事でもあります。

たおやかで何が起きても焦らない、冷静であるお姿が印象的で、自分自身も同じ世界を見る為にもいつも心掛けています。

梅川さん

その為にも、精神面においては特に睡眠が重要であると考えています。

コロナ禍で最近では日本国内の公演になりますが、以前は海外での公演も年に数回ありました。

食事や運動に関しては、持ち運びやトレーニングでどうにか管理できるのですが、
睡眠だけは、宿泊先のホテルによって硬さや高さが異なるので困っていますが

自分に合った睡眠術「思考停止の状態に、情報を整理する」

吉塚

そんななか、睡眠に関して工夫している点などありますか?

梅川さん

そうですね、是非おすすめしたいのは寝る時に思考を停止させる事です。

吉塚

思考を停止させるとは、どのような事でしょうか?

梅川さん

思考を停止っていうと、ちょっと意味合いが異なるかもしれませんが、
誤解の無いようにいうと、情報を整理するっていった方が正しいかもしれません。

寝る前に、1日を通して学んだ事や打合せの内容、その日生まれたクリエイティブな発想やアイデアは必ずまとめるようにしています。

梅川さん

日記とは異なり、記憶しておく事を目的としていません。
この習慣における最も重要な事は、情報を整理し脳をクリアにする事です。

その状態で、就寝につくと寝る事に集中できるのです。

梅川さん

寝れない人って、寝なきゃいけないという意識になって、さらに6時間寝ないと良くないとか思ったりする人が多いですよね。

梅川さん

その点に関しては、睡眠時間が例え短時間であっても寝る状態に脳をシフトする事、
つまり、寝る事に集中する事で、睡眠時に思考を停止している状態になるので、精神的な疲労感は解消できるんです。

梅川さん

あとは、どんなにスケジュールがズレたとしてもパフォーマンスを向上させる為に、軽い仮眠の時間を設けたりしています。

ただ、どちらも身体的疲労感が残るのは事実なので寝具にはこだわっています。

3日後に実感できた、
LIMNEマットレス&まくらの効果
3時間の短時間睡眠でも
睡眠の質が保たれると感じる

吉塚

今回LIMNE(リムネ)の寝具を使って頂きましたが、どうですか?

梅川さん

はい。今自宅の寝室で使わせてもらっています。

嘘偽りなく、言うと・・・
めちゃ寝れました(笑)

マットレスと枕を使い始めて、3日経った時に実感しました。最近ぐっすり寝れているなと。

寝ている感触でいうと、
マシュマロっぽくも、しっかりと支えられているという感想です。

梅川さん

思ったよりも、極端に柔らかすぎず、硬すぎない感じ

低反発とか一時期流行ったり、その後も高反発のマットレスなども試してみたんですが、味わった事のない柔らかさと安定感ですね。

梅川さん

あと、シーツがめちゃくちゃ気持ちよかったです!衝撃的な触感でした。
このシーツが無料ってのもいいですね!

それと、コンパクトな状態で届いて空けたら勝手に大きくなる点も面白かったですね。

吉塚

LIMNEのマットレス・枕を使ってみて、睡眠の効果を感じられましたか?

梅川さん

生活において、ぐっすり寝れているせいかパフォーマンスが上がったように感じます。

スッキリ目覚めて、最近カラダの調子がいいなと実感できたんですが、マットレスのお陰ですかね。
すごく調子いいです。

あと、さっきも話しましたが、寝る前に、スマホを見ちゃうんです。

ベッドに入って1時間は見てましたね、以前は・・・

吉塚

以前は??やめたんですか?

梅川さん

やめたというか、LIMNEのマットレスと枕に変えてから
すぐに寝落ちしちゃうんです。
あの柔らかさにやられて・・・

ほんと、魔法?催眠術?にかけられたんじゃないかなと思うほど。

吉塚

例えるなら、
夜行性のライオンも寝落ちしてしまう
気持ちよさという事ですか(笑)

梅川さん

ライオン?あ、肉食系だからという事ですか!(笑)

僕は、規則正しい昼型のライオンですよ(笑)

梅川さん

稽古や打合せもあるので、日中活動する事が多いためしっかり睡眠はとるようにしています。

しっかり寝ないと脳が働かないですし、身体のパフォーマンスも劣ります。

梅川さん

どうしても打合せなどで深夜までかかってしまう事もあるんです、やっぱり・・・。

短時間睡眠って次の日、疲れが残ってしまいがちで嫌なんでしすよね。

でも、LIMNEのマットレスに変えてから3時間くらいの睡眠でもの睡眠の質を保たれている気がしてます。

しっかり寝れたな~・・・って、次の日実感できるんですよ!
ほんとに。

吉塚

それは、とても嬉しい感想ですね!うちの開発スタッフも喜びます。

現代社会に対して、睡眠は今注目されてるワードの一つです。

表現される方々や働く人たちの日常をサポートできるように商品づくりを行っています。

梅川さん

LIMNEのブランドコンセプトをみて、共感しましたよ。

“子供の頃は一生懸命に学び、遊び、疲れ切って寝てしまっていた。
1日のエネルギーをいつも使い切り、翌朝にはfull-chargeして次の日を楽しく過ごしていた。”

梅川さん

この文章、確かに子供の頃そうだったなって。
こんな生活が過ごせたら、楽しいだろうなって思いました。

是非、素敵な商品を今後も開発してください、楽しみにしています。

吉塚

ありがとうございます。
最後に何か要望などないでしょうか?

梅川さん

あの・・・、
今自宅でしかLIMNEのマットレスに寝れないんですよ。

地方公演も多いので、ホテルでも使えるような持ち運びのできるマットレスを開発してほしいです。

吉塚

なるほど、もうLIMNEマットレスの虜ですね(笑)

梅川さん

はい。あのマシュマロ感覚の気持ちよさの虜です(笑)
出来たら教えてください。

吉塚

はい。早速、開発チームに相談してみます。
本日は、ありがとうございました。

梅川さん

こちらこそ、ありがとうございました。

今回のインタビューに対して、快諾いただきました梅川壱ノ介さんにスタッフ一同感謝申し上げます。

現在コロナ禍において、日本国内を中心に舞踊を広げる為、様々な取り組みや、新しい公演企画を進行中との事です。
これからのご活躍を心より期待しております。

<取材・文=吉塚洋光・森愛子 / 編集=千葉哲 / 撮影=佐藤>