腰が痛いのは、あなたの体に合わない敷布団やマットレスが原因?

腰が痛いのは、あなたの体に合わない敷布団やマットレスが原因?

朝起きると腰が痛い、腰痛で目が覚めることがあるという方は、敷布団やベッドマットレスが体に合っていない可能性があります。

ここではそんな悩みを解消するために、眠っている間に腰痛を引き起こす原因や、腰痛予防対策にはどんなタイプの敷布団・マットレスが適切なのかを解説し、さらに、腰痛持ちでも無理なく眠れる寝姿勢と女性の体形に合わせた寝具もご紹介します。

快眠でき、すっきり目覚められるよう、ぜひ参考にしてください。

体に合わない敷布団やマットレスで寝ると、腰が痛くなるのはなぜ?

布団 腰が痛い1

体に合わない硬さの敷布団やマットレスで寝たら、起きたときに腰に痛みを感じたという人も多いのでは?

ここでは、なぜ腰痛を引き起こすのかを分かりやすく解説し、正しい寝姿勢になっているかをチェックする方法や、寝具を選ぶ前に知っておきたいポイントを紹介します。

正しい寝姿勢を保てていない

人体は部位で重さが異なり、仰向けに寝た場合だと腰に全体重の約44%がかかるため、腰部分が沈み込みやすくなります。また、厚みがあるマットレスでも反発力が落ちると、腰が沈み込みやすくなってしまいます。

腰が沈むと不自然な体勢になるため、負担がかかって腰痛の原因になるのです。

腰痛を予防するには、正しい寝姿勢で寝ることが大切です。正しい寝姿勢とは、背骨が立位でのS字カーブから重力の影響を除く分、カーブを緩やかにした状態で、仰向けになったときに頭部、背中、腰、かかとの4点が敷布団やマットレスに付いている状態です。横向きの場合は、おでこ、顎、身体が一直線になっている状態が正しい寝姿勢となります。

ただし、マットレスが硬すぎると仰向けで4点がマットレスに付いていても、頭部と腰で背中を支えている形になるため、体に余分な負荷がかかってしまいます。また、柔らかすぎて腰が落ち込む寝姿勢は、かなりの猫背状態となり、S字カーブを描けなくなってしまいます。そのため、骨やその周辺の筋肉、靭帯に過度な負担がかかり、腰に痛みが生じる原因となるのです。

マットレスを選ぶときは、体圧分散性が良く、理想的なS字カーブの寝姿勢になるものを選ぶのがポイントです。

体圧が一定箇所に集中している

硬いフローリングの上でうたた寝したり、薄い布団の上で寝たりしたときに、体に痛みを感じたことはありませんか?

その原因は体圧が分散しにくいためで、敷布団やマットレスが硬すぎたり、薄すぎたりすることで肩や腰など、の部位に負担がかかってしまい、痛みやコリが生じてしまうのです。

また、あまりにも長時間寝ていると腰まわりの筋肉が疲れて筋疲労を起こし、痛みが発生してしまいます。

そして、寝返りを打ちにくい寝具の場合も、長時間にわたり体の特定箇所に負担がかかり、体圧が分散しないために腰痛の原因となります。人間は寝返りにより骨格のズレを調整しているため、寝具を選ぶときは理想的な寝姿勢になることに加えて、横向きでも仰向けでも大きな力を使わず、スムーズに寝返りを打てるものが望ましいです。

腰が痛くならない敷布団やマットレスを選ぶポイント

布団 腰が痛い2

敷布団とマットレスの硬さは素材や構造によって体圧分散性が異なり、個人の体形や寝姿勢、腰痛の度合いでも硬さの感じ方が違ってきます。

ここでは、腰痛でお悩みの方やこれから買い替えを検討している方に、腰が痛くならない敷布団やマットレスの選び方を解説します。

「程良い硬さ」の商品を選ぶ

敷布団やマットレスは、柔らかすぎても硬すぎても腰痛を悪化させてしまいますので、程良い硬さのものを選ぶことが重要です。

程良い硬さの目安は、仰向けに寝た際に頭部、背中、腰、かかとの4点がマットレスに付き、立位での背骨のS字カーブから重力の影響を除く分、緩やかなS字カーブを描く寝姿勢を保てるものです。お店で選ぶときは、スタッフに自分の体の凸凹や接地面を確認してもらいながら、実際に試してみてください。

もしも今使っている敷布団やマットレスが硬いと感じる場合は、身体に当たる部分にクッション性のあるオーバーレイや敷きパッドなどを重ねて、応急処置をしてみるといいでしょう。

反対に柔らかすぎると感じる場合は、敷布団の下の土台になる部分、またはマットレスの上にしっかりとした素材の寝具を入れて、調整してみてください。

すぐにへたらない商品を選ぶ

敷布団の素材には、ポリエチレン綿、ポリエチレンフォーム、ウールなど、そしてマットレスには高反発や低反発のウレタン、スプリング、コイルなどの素材が使用されていることが多いのですが、なかにはメーカーが独自に開発した新素材のものもあります。

腰痛防止のためにはへたりにくく、体圧を適度に分散させることができるウレタンなど、耐久性のある素材が使われている種類のものがおすすめです。そのなかでも2~3層など複数の層で構成されているものが良いでしょう。

ただし、高反発ウレタンの場合、体重が50kg以下の小柄な人には硬すぎると感じることがあり、体格の良い方のほうが体に合いやすいと言えるでしょう。

長年使っているものは交換を考える

寝具にはおおよその寿命があり、敷布団は3年、マットレスは5年が目安です。寝心地の悪さを感じたら、そろそろ寿命かもしれません。寿命が近づくと、へたりやへこみができたり、床の硬さを感じたりする、いわゆる「底付き感」が出たりします。

底付き感は、寝具の弾力性が減るのが主な原因で、体が沈み込むことで硬い床面に当たり、睡眠時に圧迫感を覚える状態です。寝具は消耗品なので、体の痛みを悪化させないためにも、へたってきたら買い替えましょう。

痛みの症状に合わせて

腰痛持ちと言っても、大きく分けて「前かがみになると痛むケース」と、「後ろへ反ると痛むケース」があります。

前かがみになると痛む方は、椎間板ヘルニア、筋・筋膜性腰痛、椎間板症などの症状に見られ、高反発ウレタンのような硬めの寝具がおすすめです。

逆に、腰を後ろへ反ると痛む方は、すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症などの症状が見られ、ウール、ポリエステル、低反発ウレタンなどのやわらかめの寝具がおすすめです。

敷布団やマットレスに寝ながらできる腰痛対策

布団 腰が痛い3

寝起き時に腰痛がつらいという方へ、自宅にある小道具を使って痛みを和らげる方法や、寝姿勢を楽にする方法をご紹介します。

腰を温める

腰痛は血行を良くすると痛みが和らぎやすいため、腰回りが冷えない保温力のある寝具を重ねてみましょう。それでも冷える場合は、患部にカイロを貼って寝ると血行不良が改善されます。

保温力のない寝具のまま寝ると内臓が冷えてしまい、背中を丸めて眠ることになるため、寝姿勢が悪くなりやすくなります。それゆえ、腰などの体の重みが集中する部分へ負荷が大きくなり、痛みを悪化させかねません。

内臓の体温を上げておくには、寝る数時間前にお風呂にゆっくり浸かるのも効果的です。入浴後は、副交感神経が優位になるような休息タイムとし、リラックスできるように心がけると入眠しやすくなり、快眠効果も期待できます。

バスタオルを腰に巻く

仰向けで寝る際に腰が浮いてしまう場合、バスタオルを巻いて隙間を埋めると、腰への負担が減ります。バスタオルが細長くなるように縦に2回折り、腰のくびれを埋めるように巻き付けてください。ほどけるのが心配な場合は、ガムテープで固定すればOK。

こうすることで、背骨と敷布団・マットレスの間が平行に保たれ、寝返りが打ちやすくなり、長時間同じ姿勢を取らずに済むため、腰痛の緩和につながります。

仰向けで膝を立てる

仰向けで寝ると腰が反りやすいため、腰に大きな負担がかかります。その負担を軽減するには、腰にかかる負担を足に分散させるよう、仰向けで寝た状態で膝の下にクッションを置くなどして、膝を曲げます。これによって、腰や骨盤が楽になります。

横向きでクッションを両膝に挟む

横向きの寝姿勢で腰への負荷を和らげるには、クッションや抱き枕を両足に挟むのがおすすめ。腰が安定するため負担が少なくなるだけでなく、クッションを挟むことで骨盤が歪みにくく、楽に寝ることができます。

腰痛の予防におすすめ!LIMNEのマットレス

市販されている多くのマットレスは男女兼用ですが、日本人女性の体格を徹底的に調査して開発した、女性のための寝具を専門にしているメーカーのマットレスがあります。

ここでは、理想的な寝姿勢を保って腰痛を予防できるLIMNEのマットレスの特徴と、合わせて使うと効果的な枕について、その良さを紹介します。

LIMNEのマットレスの特徴

布団 腰が痛い4

LIMNEは日本人女性の体格と沈み込みのデータを基に商品開発を行っており、海外規格製品や男女兼用の商品とは一線を画しています。一般的にマットレスはウレタンだけでは硬すぎたり、底つき感があったりすることが多いのですが、LIMNEのマットレスは硬さの異なる特殊素材なウレタンを使用した3層構造でできており、それぞれの層にこだわりの加工が施されています。

まず、上の層は通気性や肌触りを重視した素材を使用。包み込まれるようなふわふわの質感を残しつつ、真ん中の層で計算された沈み込みを機能させるのに最適な厚みになっています。

真ん中の層には、「肩」「お尻」「ふくらはぎ~かかと」にあたる3カ所に横溝を採用。適度に沈みこませることで、自然に最適な寝姿勢をキープしやすくなるように計算されていて、腰痛が起こりにくい形になっています。また、スムーズに寝返りを打てるよう、左右に縦溝が入っているのも特徴です。

そして、下の層は上の2層の機能を十分に発揮させるための土台として、硬めのウレタンを採用し、湿気を逃がすための溝がしっかり入っています。

この3層マットレスは、素材にコイルを使わないことで各層の機能を遮らずに体を支えるようにできており、しかも、女性一人でも持ち上げられる軽さを実現しています。

LIMNEのマットレスと併せて使いたい枕の特徴

布団 腰が痛い5

LIMNEの枕は、マットレスと同様に日本人女性の頭部の重量やサイズを基に設計されています。

枕の中材のオリジナルウレタン素材は通気性が良く、柔らかくふわふわな質感で、頭を包み込むような心地良さがあります。寝返りをサポートするため、ウレタンの左右に滑らかな傾斜の溝が入っており、その溝加工は表面と裏面に同じように施されているため、表裏・上下とも使えるという特徴もあります。

大きさは寝返りのしやすさと、頭のてっぺんから肩まで包み込めることを考えた大きめサイズで、マットレスと合わせて使うことで腰痛が起こりにくい、ベストな寝姿勢へと導くように計算されています。

寝起き時に腰痛を感じたら、寝具の見直しから始めよう

睡眠時に起こる腰痛の原因が寝具にあること、また、敷布団やマットレスを選ぶ際のポイントをご紹介しました。

寝起き時の腰痛を予防するには、S字カーブを描いた正しい寝姿勢になる寝具を選ぶことが大切です。

敷布団やマットレスが体に合わないと腰痛を悪化させる原因になりますが、バランスの良いものは自然と正しい寝姿勢になり、眠りの質を高めます。

ご紹介したLIMNEのマットレスと枕は日本人女性の体格に合わせた作りになっているため、腰痛に悩んでいる方はぜひ試してみてください。


夏山元伸先生

【監修者】夏山元伸
1979年東京大学医学部卒業、同附属病院などを経て1990年より関東労災病院勤務。
2001年に同整形外科部長。
2013年から島脳神経外科整形外科医院副院長、整形外科部長、内視鏡・腰痛センター長。
著書『ササッとわかる「腰痛」にならない生活、治す生活』(講談社)など。



記事に含まれるワード

熟睡アラーム

提供元会社:株式会社C2
熟睡アラームサイト:JUKUSUI.COM


よく一緒に読まれている記事

新たに公開された記事

記事に含まれるワード