睡眠時にマスクを着けるとどんな効果がある?おすすめのマスクは?

睡眠時にマスクを着けるとどんな効果がある?おすすめのマスクは?

寝起きに喉が痛いことや、イガイガしていることはありませんか?

それ、もしかして寝ている間に口が開いて、乾燥しているのかもしれません。

実は、睡眠時の喉の乾燥はマスクの着用で軽減することができます。でも、寝ている間にマスクをするなんて息苦しそうだし、途中で目が覚めそうで心配ですよね。

今回は睡眠時にマスクを着けるメリット・デメリットや、どんなマスクを選べば良いかを解説していきます。

睡眠時にマスクを着けるメリット

睡眠時にマスクを着けることには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

以下で詳細を見ていきましょう。

喉が痛くなりにくい

睡眠 マスク1

就寝中は起きているときよりも唾液の分泌量が減るため、口内や喉が乾燥しやすくなります。特に、口が開いて口呼吸になりがちな人はなおさらです。

マスクをすると自分が吐いた息がマスクの内側にこもるので、湿った空気を吸うことになり、喉の乾燥を防げます。

肌や唇の乾燥を防ぐ

冬場は空気が乾燥しているため、特に粘膜である唇はカサつきやすいです。マスクで覆うことで保湿効果により口元の乾燥を防ぎ、スキンケア効果も期待できます。

体の冷えすぎを防ぐ

寒い季節は、冷たい空気を吸い続けることで体全体が冷えてしまうことも。マスクをしていれば自分の息で温まった空気を吸うことができるので、体が冷えすぎるのを防げます。

風邪を引くリスクが減る

鼻や喉の粘膜が乾燥するとウイルスや細菌の侵入を防ぐ繊毛の働きが弱くなり、風邪を引きやすくなります。

マスクで鼻と口を覆うことで保湿効果により鼻と喉の粘膜の乾燥を防ぐほか、マスク内は風邪のウイルスが嫌う高温多湿の環境となるため、より風邪予防に効果的なのです。

衛生対策になる

睡眠中にホコリや花粉を吸い込みすぎると鼻詰まりの原因となり、鼻呼吸がしづらくていびきをかきやすくなることや、苦しくて目が覚めてしまうこともあります。マスクをすれば、物理的にホコリや花粉の吸い込みを防ぐことが可能です。

睡眠時にマスクを着けるデメリット

睡眠時にマスクを着けることにはデメリットもあります。以下の点が心配な人には、睡眠中のマスク着用はおすすめしません。

睡眠の質が下がることがある

睡眠 マスク2

マスクで息苦しさを感じて寝付きが悪くなったり、寝ている間もマスクを装着し続ける違和感で眠りが浅くなったりすることもあります。また、ゴムが擦れて耳に痛みを感じると、夜中に目が覚めてしまう可能性も。

マスクが不快に感じる人は、無理して着けて寝ると睡眠の質の低下につながる恐れがあります。

肌荒れやニキビの原因になることがある

寝返り時などにマスクと肌が擦れて過剰な摩擦が加わると、角質層を傷つけたり、必要な皮脂まで落としたりすることもあります。

また、ニキビの原因となるアクネ菌は高温多湿の環境で繁殖するため、マスク装着によりニキビができやすくなる可能性も。敏感肌の方は特に注意しましょう。

睡眠時の着用に向いているマスク

睡眠 マスク4

寝ているときは起きているときと異なり、マスクを不快と感じてもすぐに外すことができません。睡眠用マスクは普段のマスクとは別に、睡眠時に適したものを選びましょう。

通気性の良いマスク

外出時に使う不織布の使い捨てマスクは、飛沫を防いだり、外からの花粉などをカットしたりするのが目的なので、網目の細かいものが多いです。

就寝時にマスクを着ける目的は乾燥対策なので、目が細かいものを使う必要はありません。むしろ、息苦しくなってしまいます。フィット感が強すぎないものを選ぶのもポイント。

夜用マスクはコットンガーゼやシルクなど、通気性の良い素材のものがおすすめです。布製マスクは使い捨てマスクと異なり、ピンクやパープルなどカラーバリエーションも豊富なので、ファッション感覚で取り入れてみてください。

肌触りの良いマスク

マスクの肌触りが悪いと、ストレスで快適に眠ることができません。シルク、タオル地などの長時間着けても気にならない、優しい着け心地のものを選びましょう。

機能性のあるマスク

ただ覆うだけではなく、機能性の高いマスクも要チェック。水分を含んだフィルターとセットで使うタイプは保湿性が高く、寝ている間も口周りや喉の湿度を保ちやすいです。加湿器なしでも、手軽にうるおいをプラスすることができます。

また、耳にかけるゴムの長さを調節できるものを選べば、耳を締め付けることによる痛みを防げるし、逆にゴムが長すぎて外れてしまう心配もありません。

ゴムが苦手な方は、ネックウォーマーと一体になった就寝用マスク(目出し帽のようなもの)を使用すれば、耳に負担がかからないのでおすすめです。

清潔な状態を保ちやすいマスク

マスクは吐息や唾液、汗で汚れやすいので、洗濯して繰り返し使えるものを選び、常に清潔に保ちましょう。不衛生なものは逆に、肌荒れなどの原因となることがあります。

抗菌性能の高い素材で作られたものもおすすめです。

睡眠時には快適なマスクを着けて、喉の乾燥を予防しよう

 睡眠 マスク3

コロナウィルスの影響もあり、外出時にマスクを着けることはあっても、寝るときにまで着けている人はあまりいないのではないでしょうか。

外出時とでは目的が違いますが、寝るときに適切なマスクを正しく着けることで喉を潤し、翌朝目覚めたときのコンディションを整えることができます。

寝起きの喉の乾燥にお悩みの方は、今回ご紹介したポイントを参考にいろいろなマスクを試して、自分に合うものを探してみてください。


星子尚美先生

【監修者】星子尚美
東京女子医科大学医学部、熊本大学医学部大学院卒業。星子クリニック院長。
全人的医療を目指した自由診療のみのクリニックを開業。がん、生活習慣病などの難病に苦しむ患者の治療と予防医学を行っている。
放射線科専門医、日本臨床抗老化医学会認定医、高濃度ビタミン点滴およびキレーション療法専門医、メディカルアロマ専門医などの幅広い資格を取得。
東久邇宮国際文化褒賞授与(予防医学に貢献したなど)。
著書に『「平熱37℃」で病気知らずの体をつくる』『腸のことだけ考える』など。



記事に含まれるワード

熟睡アラーム

提供元会社:株式会社C2
熟睡アラームサイト:JUKUSUI.COM


よく一緒に読まれている記事

新たに公開された記事

記事に含まれるワード